THE HAM MEDIA BLOG

デザインを全てのブラウザで同じにさせる必要性

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
CSS
タグ:
デザイン
ブラウザ
CSS

ネタ元:Webサイトはまったく同じ見た目である必要はない

クロスブラウザ

サイト制作をする際に、デザイン通りに作るかどうかというのは、
コーダーとしてもとっても重要になってくること。

しかし、ブラウザが違うだけでもCSSの対応やバグによって、
少しずつ見た目がずれてしまうことが多々ある。

そして通常もとめられることが、どのブラウザでみても、
同じように表示させるという事だった。
果たしてそれが本当に必要なことなのだろうか?

ブラウザ戦争の負の遺産

参考エントリーには、ブラウザごとでレイアウトが変化してしまうことについて、
以下のように書かれている。

レイアウトが崩れていても良いという意味ではないですが、若干の見た目の違いは『仕方ない』ではなく『当然のこと』だと思います。異なる環境が構築されているパソコン上で異なるブラウザを使っているわけですし、OSもしくはブラウザにカスタマイズがされていればさらにバリエーションも増えるでしょう。ディフォルトだといってもパソコンメーカーごとに何かしらのカスタマイズがされている可能性があるので、純粋にディフォルト環境というものはないかもしれません。利用者側もコントロールが出来るわけですから、Webらしいといえば Webらしいわけですね。
Webサイトはまったく同じ見た目である必要はない : could

若干の見た目の違いは、ブラウザ戦争の負の遺産であり、
それゆえいつもコーダーを悩ませてきたものです。
その負の遺産は「仕方のない」ことではなく、
むしろブラウザ戦争が起こったが故の、当然のこととしてとらえるべきなのだ。

サイトを見る側からしたら、
ブラウザごとで違う表示がされるなどということは
普段考えながらみるものではないはず。
見る人にとっては、自分の普段使うブラウザから見たものが普通となり、
かりに他のブラウザから見た感じが違うというのは、
気にすることでもなく、むしろどうでもいい事ととらえられてしまう。

しかしサイトを管理する側や制作する側からしたら、
どんな人が見ているのかわからないから、「同じものを提供すべきだ。」
と考えてしまう人の方が多いように気がする。
そのような考えからなのか、全てのブラウザで同じように表示させることが、
あたりまえのこととしている傾向が強い。

見た目が変化してしまうということは、修正するのが当然と考えるのが
当たり前のこととなっているような気がする。

同じように表示すべき?

ネタ元の結論も僕の結論と同じで、
多少の見た目の違いはあって当然のことであり、
全てを同じに表示する必要性はないと思います。

これは、デザインが大きく崩れてもいいということではなく、
古いブラウザのバグもそのままにしておいていいという事ではなく、
多少の誤差が起こるくらいはいいということ。

もしくは古いブラウザでバグが起こり、
ものすごく表示が崩れてしまうようなことがあるよりは、
古いブラウザにはCSSを適応させないというのも一つの手段だと思っています。

現に、MacIEやIE5以下のブラウザを対象外として、
CSSを適応させないで表示するというサイトもあるくらいです。
多くの表示の違いやバグと格闘して何時間も時間を費やすよりも、
はるかに効率的だとも思います。

どのブラウザでも同じように表示させるのは大切だと思いますが、
見る側にとって、問題なく見れるのであれば、
多少の違いはあってもいいと思うのです。

作る人にとっては表示が変わるということは納得いかないことかも知れません。
しかし、見る人にとって、表示を同じようにするというのが重要でない以上、
そこにわざわざ時間を費やす事もないのだろうということです。

同じ理由から考えて

同様に考えると、
わざわざCSSリセットも全部する必要がないのだと思います。

necoze LOG2 [ネコゼログログ] | 「リセット用CSSを使わない」ことが流行ってる(らしい)理由

さっきも述べたように、
見る人は同じブラウザでみることの方が多いのですから、
ブラウザごとに少し表示が変わってしまうのことはほとんど気にしないはずです。

このことについては、以前にも僕も触れているのでそちらをみてください。

過度なCSSリセットなんていらない! - [NO CSS RESET]

同じにする事は大切だけど

全てのブラウザで表示を同じにすることは大切なことだとは思います。
しかし、全部が全部全く同じにしなくてもいいのだと思うのです。

widthやmargin、paddingなんかは、
あわせようと思えばそれほど時間もかからずに全て同じようにできると思います。
しかし、なかなか同じにならないような問題もあります。
例えばいい例でフォントサイズ(font-size)。
これはピクセルで指定してしまうとIEでは大きさが固定されてしまい、
表示を大きくしようとしても大小変化しなくなってしまいますし、
%やemで指定したとしても、Mac版のFirefox2ではデフォルとが14pxで、
他のブラウザは16pxに対して小さくなってしまいます。
これは全て統一させるにはCSSハックを使ったりしないと、
なかなか統一されないという一例です。

しかし、どの例にしても、大幅な崩れが起きる訳でもなく、
若干見た目が変化してしまうようなことでしかないのですから、
わざわざ必ず同じにしなければならないということはないと思います。

ブラウザで多少見た目が変わってしまうけど、
特にユーザーには支障がないということは、
ディレクションの段階やデザインの段階でクライアントに説明しておくのが、
一番いい方法なのかもしれないですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。