THE HAM MEDIA BLOG

CSSで制作するメリット?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
CSS
タグ:
CSS
レイアウト
テーブルレイアウト

CSSで組むことのメリットとか|CSS HappyLife

CSSで制作するメリット?

いつも読んでいる「CSS HappyLife」で、
『CSSで組むことのメリットとか』というのがエントリーされていた。

CSSとXHTMLでサイトを作るメリットってなんだ?
って考えたら、たしかにいつも制作側の視点が大きい気がする。
結局のとこと、制作側のエゴなのか!?
僕もなぜCSSで作るのかとかを考えてみた。



制作者>クライアント>ユーザー

せっかく色んなメリットがあるのに、その恩恵を得られるのは、きっと、 制作者>サイト権利者(企業とか)>ユーザーみたいな感じだよね。
CSSで組むことのメリットとか|CSS HappyLife

確かにCSSのメリットって、制作側に沢山あるなって思う。
特にデザインの変更とかちょっとした変更の時は、
XHTMLはソースが見やすくなっている分、
どこを修正したらいいのかすぐわかる。
CSSで考えても、HTMLタグをつけ直したりしなくても修正できるので、
メンテナンスや修正に非常に効果的と言える。

ただ、ユーザー側からしてみたメリットって少ない。
上げるとしたら、ブラウザのユーザーCSSの設定がしやすくなる点と、
ページの読み込みが早くなることだろう。

マークアップエンジニアとして

これは単にレーブルレイアウトが駄目だってことなんだけど、
なぜならテーブルタグはテーブル構造を表示するものであって、
デザインを表示するために用いられるものではない!
と考えられるからだ。
単に、同じように見れるのであれば、テーブルレイアウトでも一緒じゃん
などと思うかもしれないが、根本をたどるのであれば
テーブルで見た目つくるのっておかしくない?
と考える方が正しいと言えるでしょう。

CSSとXHTMLで作るのが制作側のエゴだろうとか、
制作側が楽するためだろうとか言う人もいるかもしれないけど、
むしろその考えの方がおかしい。
今のところ豊富なデザインを取り入れたページを作る場合は、
テーブルレイアウトとCSSで作るしかない。
つまり選択肢として二つあるうちの
最善の方を選んで制作しているというだけだ。

つまり、どっちの方を選択しても、
結局はそれぞれのエゴであるんじゃないのだろうか?
つまりCSSでのレイアウトを制作する側からみたら、
テーブルレイアウトにこだわることこそ、エゴではないだろうか?

良い方を選ぼうよ!

個人的結論

結局は、ユーザーにとって、どちらでも同じ見た目なのを提供するのであれば、
制作側としてもクライアント側としても
メリットのある方を選んだほうが明らかにいい。

CSSのレイアウトで組む方が、
ソースコードも見やすく軽くなるし、
レイアウトの作りも変更もしやすい。

これらの点から考えても、CSSで作った方が利点が多いと言えるだろう!
むしろ「テーブルレイアウトじゃなければならない!」という理由がない限り、
今後はテーブルレイアウトでの制作をしないほうがいいと思う。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。