THE HAM MEDIA BLOG

Mac OS 10.6にMacPorts

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
Mac
タグ:
Subvertion
MacPorts
Mac

MacPorts

MacでGitやSubverionなどを使おうと、いろいろなサイトを参照してみると、その解説の多くで「MacPorts」という語がでてきていて、それが導入されていることが前提でいろいろ書かれていたりした。

でも、MacPortsって、なんだ?

まずはそこから調べてみよう!そして、導入したほうが便利なら導入してみよう!

MacPortsとは?

MacPortsって、なに?ということで、調べてみた

MacPortsは MacOSX 上で利用可能なパッケージシステムの一つで、主に UNIX 向けに開発されたオープンソース・ソフトウェアを手軽にインストールすることができます。

〜中略〜

MacPorts を使って新しくソフトウェアをインストールするには、ターミナル上で「sudo port install パッケージ名」などと入力します。これによりアーカイブのダウンロード、展開、パッチの適用、コンフィグ、ビルドといった各段階を経て、指定したソフトウェアのインストールが行われます。このとき、他のパッケージに対する依存関係があれば、自動的にそれらの必要となるパッケージもインストールされます。

MacWiki - MacPorts

つまりMacPortsをいれておくと、GitやSubverionなどのオープンソースなどを簡単にMacにインストールできるようにするためのものらしい。

今後何かと使う可能性もあるのと、覚えて損ではないので、勉強も兼ねて、とりあえずいれてみることにした。

MacPortsのインストール

MacPortsは下記サイトで配布されているので、ダウンロードしてインストール!


MacPorts配布サイトの右上にダウンロードボタンがある。

ダウンロードしたdmgファイルに入っているpkgファイルを実行。

インストールできたかをターミナルで確認

2010053005.png

ここから先はターミナルでのあれこれになるらしいので、ターミナルを起動。

とりあえずportのコマンドを入力してみた。

$ port

とりあえず、command not foundってでなければOKいいのかなと思ったので、入力してみたところ、MacPortsのバージョンとGoodbyeが表示された。どうやらMacPortsのcommandが使えるようになった様子。

そして、何かのパッケージをインストールするときなどは、sudoのcommandが必要とのこと。sudo???すど〜?

sudo?

ターミナルのcommandででてきたsudoって何???

sudo(“su do”)はUNIXおよびUnix系オペレーティングシステムのプログラムの1つで、ユーザーが別のユーザー(通常、スーパーユーザーすなわち root)の特権レベルでプログラムを実行するためのコマンドである。

sudo - Wikipedia

スーパーユーザー”でプログラムを実行するためのコマンド”とのこと。

MacPortsを使ってSubversion導入

Macには最初からSubversionが入っているので、すでに導入済みだったりします。しかし、ちょっとバージョンも変わっていることもあるので、この機会にバージョンアップも兼ねてインストールしてみることにします。

Subversionのinstall

ターミナルに下記コマンドを入力してインストールしてみた。

$ sudo port install subversion

すると「Password:」なんて表示がでて、パスワードを求められるので、パスワードを入力。

その後、いろいろなものがインストールされる。たぶん「expat, neon, apr, apr-util, db46, sqlite3, gettext,libiconv, serf, cyrus-sasl2」が必要みたいなので、これらがインストールされている様子。結構時間がかかる。

インストールが終了した後、ターミナルにて下記を入力してみた。

$ svn --version

デフォルト状態だと、これを入れても無反応だったのですが、インストール後はバージョンが表示されるように!

これでSubversionのバージョンアップも完了。

今日はここまで

ターミナルもMacPortsもSubversionなどなど、まだ全然使い方とかも分かっていないので、とりあえず本日の勉強はここまで。ターミナルとか、インストールしたこととか、試した内容とか、すでに脳内処理ができない状態に。。。

今後も勉強を続けて、いろいろ使えるようになって行きたいと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。