THE HAM MEDIA BLOG

YOSAKOIソーラン祭りを見て

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
日記
タグ:
YOSAKOI
北海道
札幌
祭り

YOSAKOIソーラン祭り2009

北海道にきて7年目、ここ数年は必ず見に行っているYOSAKOIソーラン祭り。今年は@RINと最終日に見に行ってきました。あいにくの雨で、降ったり止んだりの天候だったのですが、今年も楽しんで見ることができました。



最終日は降ったり止んだりの雨

YOSAKOIソーラン祭り最終日は生憎の天候。お昼を食べて見に行こうとすると、なんだか結構降っていた。

生憎の空模様

それでも演舞を踊り続ける参加者をみては、寒そうだと思ったりしたけど、そんな雨など気にもせずひたすら演舞し続ける姿は、見ている自分も心を熱くしてくれた。しかし、やはりせっかくの本番、晴れてほしいものだとも思った。

YOSAKOIソーラン祭りを見て

毎年見て思うことは、人がたくさんいることへの驚きとその活気。毎年のことなんだが、見ているとその演舞が心に響いてくる。

YOSAKOIソーラン祭り2009

毎年みているのだけど、見ていると泣きそうになったりする。演舞している人たちが、披露するまでの過程や努力のこととかを考えると「この人たちは何かをやり遂げようとしているんだな」という気持ちにさせてくれる。自分も、過去に一度、ものすごくがんばったことがあり、それが終わった後に、そのやり遂げた気持ちからボロッボロに泣いてしまった。その時のような気持ちなんだろうなーと思い見ていると、なんだかどのチームをみていても胸が熱くなる。

たくさんの人たちと、一つのことを目標にして何かを成し遂げるということは、それだけでも価値のあることだ。そのがんばる姿勢は見習うべきところがあるのではないかなーと思ったりもする。

そんな熱い気持ちにさせてくれるYOSAKOIソーラン祭り、来年はも楽しみにして見にくるとしよう。

YOSAKOIソーラン祭りの動画



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップに戻る