THE HAM MEDIA BLOG

ExcelをXMLで書き出したものをWEBで扱う時の注意

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
HTML
タグ:
xml

ExcelをXMLで書き出したものをWEBで扱う時の注意

XMLをjQueryで扱う練習をする際に、Excelでデータを作ってそれを元にデータを読み込むものをつくっていたのですが、単純にExcelをXMLで書き出しただけだと、jQueryを使ってもIEで読み込むことができない…

なぜ!?

単純なことだったのですが、ものすごく発見に苦労したのでメモのためにエントリーしておきます。

IEで読み込みに失敗していた原因

読み込めない原因をスクリプト側だと思い、ずっとスクリプトを修正したりしまくっていたのですが、いくら時間をかけていろんなことを試してみてもIEでだけ読み込めない。

なので、XMLをダイレクトに表示させたらどうなるのかを試してみたら…なんとXML自体が開かなかった!!これはいくらスクリプト側を修正してもIEで見れないわけだ。

Excelで書き出したXMLの修正

XMLに問題があるのならば、XML側を修正するしかない。しかしどこを修正していいのかわからない。とりあえずXMLを他のブラウザで開いてみたところ、かな文字が化けている。ということは文字のエンコード関係がうまく認識されていないのではないかと思って、頭を見てみると下記のようにXML宣言がされていた。

■before

<?xml version="1.0"?>

XML宣言はされていたのですが、あるべきはずのエンコード指定がない。ということでつけてみた。

■after

<?xml version="1.0" encoding="Shift-JIS" ?> 

これをつけただけでIEでも開けるようになった!!!jQueryからでも読み込めるようになったので、とりあえず一安心。

次回はXMLを加工した例でも書いてみようかなと思う。

関連エントリー:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115261849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。