THE HAM MEDIA BLOG

疑似体験でユーザーの心をつかむ、Sonyのハンディーカム特設サイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
サイトクリッピング
タグ:
インタラクティブ
Flash
コンテンツ

疑似体験でユーザーの心をつかむ、Sonyのハンディーカム特設サイト

もう見た方もいると思いますが、Sonyハンディーカムの特設サイトがすごいですね。

参照:Cam with me(カム ウィズ ミー)

ハンディーカムを使ったかのような疑似体験がそこでできるのですが、
そのクオリティの高さと、内容の面白さに驚くばかりです。

クオリティの高さもすごいのですが、その疑似体験そのものもすごく、 子供の育っていく様々な場面をそこで見ることができるようになっているのです。

とにかく、皆さんも一度体験してみてください。



疑似体験

サイトに行かずとも、ブログ上でも共有できるようなので
ここのエントリーにもつけてみました。
皆さんもまずは体験してみてください。

お父さんの心をつかむ内容

Cam with me(カム ウィズ ミー)

僕はまだ子供を持つ身ではないですが、
子供がいたら…なんて想像すると、間違いなくほしくなる構成になっていますね。
こんなユーザーの心を刺激するというか、がっちりつかむ内容のサイト
見る人の心にくるってのがすごいところですよね。
自分が使ったら…なんて考えるお父さん達が多そうです。

インタラクティブな仕組みも

このサイトのすごいところは経過時間によって子供が成長していくだけでなく、
その経過ごとの動画もハンディカムの画面を通して見られることでしょう。
マウスを持っていくと「REC」というのがでて、クリックを押すと、
その押した時期の娘の様子を撮った動画が再生されるようになっています。
そしてまるで自分で撮影をしているかのような動画が再生され、
自分の好きなタイミングで録画をとめることもできるようになっています。

子供の成長過程を、このハンディカムを使って映像として残したくなる、
本物のカメラがほしくなる!そんな内容になっているのがすごいですよね。

ユーザーの心をつかむ

このサイトのすごいところは、動画を効果的に使っているところ。
撮影機能を見せるのに静止画を使っても、なんだかピンとこない。
でも、実際に動画を撮っているような気にさせてくれると
実際にものが目の前になくても使っている気になってしまう。
このサイトのようなユーザーの心をつかむ仕組みは今後も重要ですね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。