THE HAM MEDIA BLOG

2009年はWeb制作における意識を変える年

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
つぶやき
タグ:
つぶやき
web

こんな不況だからこそ・・・

2009年、世界的に不況だといわれている今年、
そんな中でのWeb制作の需要について書かれたエントリーがなかなか興味深い。
Yamadaさんも書いていますが、web制作にかかわる人は
一度は読んでおくといいエントリーだと思う。

個人的に思うのは、2009年という年は不況という状況下によって
Web制作のあり方についてを見直さなければならない年だと思う。
それによって、制作側だけでなくサイトを作ってもらう側も
Webサイトの制作についてなどなどを考えなければならないのではないか?

制作側に求められることの変化

先にあげたところでも書いてあるのですが、
受注自体は今年は確実に減ると思います。

不況不況っていうけど、Web業界は受注が減るんだろうか?確かに減ると思う。
実際、うちも新規の受注は減っている。

じゃあ、仕事が無くなるかっていうとそうは思わない。

Web制作の需要はある。しかし、人が余るという不思議な状況CommentsAdd Star

特に現状のままだと確実に減るでしょうね。

ディレクターの仕事

話題がディレクター云々とかの部分にも及んでいたのですが、
ディレクターの必要性ってウェブ制作過程において、あるいは企業によって
ケースバイケースでそれぞれ違うと思います。

営業マンがプロデュースもディレクションもできるような人がいたり、
Webデザイナーが兼任できるよであるならば、
それほどディレクションのみに従事する人の必要性はないと思う。
数ページしか作らないようなケースにおいてもそれほどの必要性を感じない。

しかし、数十ページも必要とする大規模サイト制作の場合とか、
営業もWebデザイナーもディレクションできるような人がいない場合は、
比較的必要とされるのではないかと思うのです。
特に、営業は受注をとってくるのみ!とか、デザイナーは実際に作るのみ!
なんて人しかいない場合は、いないといい制作の流れを作り難いと思う。
それぞれがそれぞれの役での気持ちや考えがあるわけなので、
それくらいできるでしょ、やってよ…という考えがうまれがち。
それをうまいこと取り持つような、どちらの知識も持っている人がいると チームとして順調に制作を進められるケースって多いはず。

と、書いたように、ディレクターの仕事が必要かどうかは
制作規模や企業によって違うものであるのだ。

不況という現状下で発生する可能性が高いこと

不況不況といわれているなかで、いかに収益につなげるか、
どこの企業でも考えなければならない点ではあるが、
そういう時に発生しやすい可能性が高いことは
「よくない制作」が増えるのではないかと思う。

よくない制作とはどんなことかというと、薄利多売である。

販売価格を下げて、受注を増やすと、確かに不況の中なので
Webサイトを安く作れるというのは企業からみても魅力的。
しかし、それで売りまくってしまうと、Web制作全体における
適正価格というものを破壊することにつながってしまう。
そして、安くしすぎるあまり、中身(コンテンツ)のないページも増えるでしょう。

■安すぎる価格での販売をしすぎる問題…

  • ・適正価格の破壊
  • ・質の低下

販売価格を下げることは不況下において必要なことであると思う。
しかし、度が過ぎるような値段での販売は絶対に避けるべきだ。
結局不況を脱出したあともその価格を維持しなければならなくなり、
結局利益につながらない…なんてことも予想できるので、
「不況だから」なんてのを口実に安くしすぎるのはやめよう。

せめて、「本来の価格は○○円だけど、今はサービスで△円割引!」
なんてくらいにとどめるのがベストなのだろう。

不況の状況下だからこそ

不況不況って言われていて、「Webサイトにお金なんてかけられない」
なんて企業の方が確実に増えているのだと思うけど、
個人的には先人の人たちが『みんな作っているから』
という雰囲気を作ったのと同じように
不況の状況下だからこそWebサイトって作るべきなんじゃないかと思う。
そして、ただ単に作るというのではなく、コンテンツなど
中身をしっかりと考えて効果的なサイトを作ることが必要なんだと思う。

ブロードバンドの普及によって、多くの企業・家庭が
インターネットに接続しているようになった。
これはこの不況下においても変わることはまずない。
「不況だからネットみるのやめます」なんてところがないと思うからだ。
不況でも携帯利用者とネット利用者は減らない。

一方、紙媒体にお金をかけることが徐々になくなってきている。
本や雑誌もなくなるわけではないけど、財布の紐が堅くなり
そこにお金をかける人は確実に購入者は減ってきているはずである。

何が言いたいのかというと、本や雑誌の広告にお金をかけるよりもまず先に
ウェブサイトを持っている方が宣伝になるということ。
もちろんコンテンツあってこそのサイトなので、
ただあるだけのサイトだとないのとそれほどかわらない。
効果的なサイト制作が必要だということだ。

企業側もWebについて考える時

今までは制作側がWeb制作必要だですね!なんて言ってきたが、
今後は企業側がWeb制作必要だという意識が必要なんじゃないかと思う。
それも、競合他社にサイトのデザインやインパクトで勝ちたいとか、
まわりが持っているから自分達も持つんだというようなことからではなく、
自分達の会社をいかにして地域住民や様々な人に知ってもらうには、
どのようなコンテンツや伝え方が必要なのかを
制作側としっかりと考えながら作り上げていくことである。
Web屋まかせじゃなくて、共に作り上げるような意識があるべきではないだろうか。

ただWebサイトがあればいいなんてことはもう改めるべきなのだ。

錯覚なのかもしれないけど

それでも何かを生み出さなきゃ乗り切れないので、需要は作らなければならない。
どのように需要を生み出すかを、安易にコストダウンで行うのではなく、
きちんと意識とか中身とかの改善とかで生み出さなきゃならない年になるかなと思った。

・・・いろいろ書こうとしましたが、
長くなってくると、いつも言いたいことがまとまらなくなるので、
この辺で。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。