THE HAM MEDIA BLOG

企業訪問をしてみた:株式会社ノイエカ編

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
日記
タグ:
札幌
企業

企業訪問をしてみた:株式会社ノイエカ編

WEBコンでお世話になっている株式会社ノイエカの浜垣さん、
今日はそのノイエカの会社にお邪魔してきました!

自分の会社以外の様子を、僕は一切しらないので、
どんな雰囲気でどんな様子で仕事をしているのか、
それを知りたくて、最近時間があるので、訪問させていただきました。



株式会社ノイエカ?

どんな会社なのかというのはここに集約されると思うので引用させていただきます。

NEUEKA(ノイエカ)はデザイン=情報に形を与えること、と定義します。全てのデザインは広義の情報デザインです。伝えるべき相手と、それにふさわしい方法。NEUEKAは、あなたのビジネスに対する思いを、しかるべき形にデザインしていきます。
NEUEKA / ノイエカ 北海道札幌市のデザイン会社:

つまり絵などのデザインだけでなく、
様々なことをデザインして形にしていく仕事をしている会社です。

単にWebサイトを制作するだけでなくて、
そのコンテンツのあり方や伝え方にも気を配るデザインをしたりもする企業さんです。

そんな会社に今日は突撃!
何かこの話を聞きたい!という目的は特に持たなかったのですが、
とにかく何かお話を聞きたく、訪問させていただきました。

様々なお話を聞かせていただいたのですが、
中でも、「これは面白いな」と思うようなお話を書いていこうと思います。

技術は各自で覚えるのだ!

技術関連とかは、勉強しなければ覚えられなかったりするのですが、
社員のその勉強とかって、どのようにサポートをしているのかを聞いたところ、
「技術は各自でやれ!」という形式をとっているそうです。
社員のそれぞれ抱える案件で必要な勉強しなければならないことは、
その案件によって、案件の内容にあった情報を収集させて、
技術のわからないことがあれば、それも自分で調べさせるようにしているそうです。

技術を覚えるかは、案件ありき。
やはりそういう技術は、その技術を必要とする案件をこなしてこそ
各自に身についていくものだという考えからだそうです。

勉強の効率化を考えるなら、やはり仕事を通して覚えるのが
一番手っ取り早く身につけるポイントなのかなと話を聞いて思いました。

技術をしるために位置から勉強をしていくよりも、
その案件ごとで必要となる部分を調べて、
そこから基本的な術はどうなのかを逆にたどる方が、
短期間でも飛躍的に覚えられるのだという。
リファレンスから一から順に覚えていくよりも、
そのほうがはるかに早く技術を覚えられそうだ。

みなさんの会社ではどのように技術を学んでいるでしょうか?

サイト運営するにしろ、まず自分達でもやってみる

僕が浜垣さんの話をきいて、一番「すごいな」なんて思ったこととして、
「自分のところで売り出していること・モノについて
 自分達も実際に知っていることでなければ!」
という話。かなり頷いて話をきいた。

Web制作の会社では、たとえばECサイト構築はできる!
とか、デザインもコーディングも出来ます!というところはあっても、
実際にそのサイトを通して物を売ったという経験がない
そんな会社が多いのではないだろうか?

自分達でやったこともないことをお客に売っていていいのか?
と疑問に思ったことがあったようで、
実際にサイトを作って運営してみたようだ。
そういう経験があるからこそ、
どういうサイトがよくて、どういう運営をしたらよいのか、
ということを謳って営業できたりするのではないだろうか。

実際にそんなことをしてから営業していたのじゃ
仕事にならない!なんて考えもあるだろうけど、
自分達で「効果があります!」とか「こうすればサイトで設けます!」
などと謳って営業したりするには、
やっぱり実際に運営した経験とか知識などが重要だな
などということを感じた。

Web制作会社の今後

今後Web制作の会社はかなり変化していくだろうという話もしました。
以前のセミナーでもお話されていたことですが、
ちょっと勉強すれば多くの人ができるようになるようなことや、
ツールを利用すれば、知識がない人でも作れるようになることが、
Web制作業界にはたくさんあるという。
HTMLやCSSもどんどんツールが発達していけば、
サイトの制作なんて本当に簡単にできるようになるし、
今後はコーディングの面についてだけじゃなくて、
デザインなども自動化が進んでしまう部分がでてくるだろうという。

ツールに頼る部分が多くなれば、それだけ人件費は削減できるし、
作業の効率化にもつながってくるので、
様々な分野に知識があるかどうかなどが今後重要になるだろうとのこと。
専門的な知識があるのは重要なことだけど、
偏った知識しかない場合、それに代替されるツールが出た時点で
淘汰が行われてしまうことになる。

だからWeb制作会社に働く人は、
よりニッチな技術をみにつけたり、
その専門分野で秀でた知識を持っている必要があるようだ。

どうなるかは、今後のツールの高度化によると思うけど、
その「いつかの時代」に向けて、知識は持っている必要はあるだろう。
そのことについては、僕も常々感じていて、
毎日が勉強勉強の日々である。

他にもいろいろ話をしたけど

他にもいろいろ話をしてもらいました。
「ブログにかいてもいいですか?」なんてことも聞いてしまったのですが
「いいですよ!」と快諾までいただき、こうしてブログに書いています。
実際書ける内容は少なかったり?
書けないような話もあったり、サイトの紹介や仕事の紹介だったり
ちょこちょこ細かい部分でいい話がでたりしていたのですが、
その辺は省略したいと思います。

他の会社の様子を知る事

なかなかない機会だったので、今回の訪問だけでも
かなり自分への刺激になりました。
普段自分の行っている会社のことしか知ることができないので、
他の会社の生の仕事の様子などは、僕にとって新鮮そのもの。
「こんな環境で仕事しているのかー」と、知ることができました。

話をしていて、こんなことがしてみたいなー
なんてちょっと企画めいたことも考えることが出来たり、
訪問してよかったです。

あまり上手くまとめることができなかったですが今回はこのへんで。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。