THE HAM MEDIA BLOG

JavaScript:文字を数値に変換する方法その2

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
JavaScript
タグ:
javascript
文字
parseFloat
parseInt
数値

文字を数値に変換する方法その2

昨日のエントリーで「JavaScript:文字を数値に変換する方法」を書いたのですが、
そのコメントにてcyokodogさんが他の方法を教えてくれました。

そっちの方が記述少なく行けることが判明したので、
それも使ってみて動作を確かめようと思います。

サンプル

いろいろな変数を作って、それぞれを足してみます。

変数の値がそれぞれ下記の時

var test01 = 10.5; //数値
var test02 = '10.5'; //文字
var test03 = '10.5px'; //文字(pxを含む)
var test04 = parseInt(test03);//test03からpxを取った数値(整数)にする
var test05 = parseFloat(test03);//test03からpxを取って数値(少数含む)にする

その結果は・・・

  • test01 + test01 =
  • test02 + test02 =
  • test03 + test03 =
  • test04 + test04 =
  • test05 + test05 =
  • test01 + test02 =
  • test01 + test04 =
  • test01 + test05 =

eval()だとpxをとる必要があるけど
parseInt()やparseFloat()なら必要ないようだ。

cyokodogさん、教えて頂き、ありがとうございます!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109182464
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。