THE HAM MEDIA BLOG

第10回北海道WEBコンソーシアム終了 セミナーのまとめ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
北海道WEBコンソーシアム
タグ:
映像
札幌
セミナー
hwcon

第10回北海道WEBコンソーシアム終了

先日(17日)の金曜日に第10回北海道WEBコンソーシアムのセミナーがありました。

気づけばもう10回も集まっているのですね。

そんな10回目のセミナーは「映像コンテンツについて」でした。
映像コンテンツを作る際に気をつける事や、
映像コンテンツの今後などについてのお話でした。

今回も簡単にですがまとめてみようと思います。



映像コンテンツについて

今回はCM制作などを主に行っている会社、
株式会社 REACTOR」の藤森さんによるセミナーでした。
REACTORが作ったCMの実績をいくつか見せてもらったのですが、
どれも見た事のあるCMばかりで、ちょっと不思議な感じでした。
あ、このCMは藤森さんのところがつくったのか〜
なんていう驚きだったりもします。

今回の内容も、ざっくりとメモ程度にまとめます。

■メモ

  • ・なぜ映像コンテンツが必要か?
  •  ・わかりやすい、見てもらいやすい、差別化しやすい
  • ・制作段階で考えることは、WEBサイト制作と同じ
  •  ・例えばターゲットだったり、何を伝えるかだったりなど。
  • ・映像といっても、大きく分けて4種類ある。
  •  ・実写、クロマキー合成、CG、アニメーション
  •  ・見せ方はそれぞれ様々
  • ・映像も写真と同じで証明が大切!
  • ・CGとかアニメーションは企画立案から納期までが長め。
  • ・これからは映像コンテンツが必要となるフィールドは増えてくる。
  •  ・パソコンではブロードバンドが普及してストレスなく見れるようにもなってきたし。
  • ・メディアの表現方法も、もっと進化する。
  •  ・例えば映像を手で操作するなど・・・
  • ・ウェブ上で映像を扱うときに気をつけるポイントはサイズ。
  •  ・画像のサイズもだけど、容量も気にすべきポイント。
  •  ・重すぎると見るのにストレス。
  •  ・場合によってはストリーミングサーバーも必要になったりする。
  •  ・テロップは少し大きめに入れる。
  • ・ウェブはクリックする楽しさがある
  •  ・→映像とクリックと絡めたものとか普及するでしょう。
  • ・CMはWEBと違って効果のフィードバックがない。出すのが難しいし。
  • ・映像を作るときは、キーフォーカス(一番つたえたいこと)を中心にする
  •  ・あまり多くの情報を詰め込みすぎない。
  •  ・多く詰め込みすぎるような映像は印象に残りにくい。

これくらいだろうか。

映像コンテンツが必要なケースって?

本当はここをもっと突っ込んできけばよかったけど、
CM制作などとは違って、ウェブ上における映像コンテンツの必要箇所は、
まだまだ限られているのではないだろうか?

しかし、その分可能性は多くあって、
もっとウェブのコンテンツとして、あったほうがいい!
というケースがあれば、どんどん映像を取り入れて行くべきだと思う。

例えば商品販売の時に、実際に使ってみせている映像をいれてみるとか、
食品販売のときに、おいしそうに食べたり料理している映像だったり、
映像を使う分、より実体験に近く、且つ、それを見たユーザーが、
これはいい!とか、これはわかりやすい!などと言えるようなものであれば、
映像コンテンツとして導入しておくのはとても有効だと思う。

次回(第11回)の定例会のお知らせ

来月も半ばくらいに定例会開催予定です。
内容は未定ですが、ぜひご参加ください!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップに戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。