THE HAM MEDIA BLOG

一般の人はウェブサイトがWordのようなものでできていると思っているらしい

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:
つぶやき
タグ:
web
つぶやき

一般の人はウェブサイトがWordのようなものでできていると思っているらしい

昨日のこと、会社の同じ部署のT姉さんが
Webの部署じゃない人に
「ホームページってどんな風に作っているのか?」
的名ことを聞かれたらしい。

T姉さんはデザインとHTMLとかの話をして、
その質問した人にHTMLのソースを見せたらしい。
そしてそのソースをみてかなり驚いたそうだ。

「ホームページってこんなの(タグや文書)でできているんですね。」

どうやらHTMLを知らない人にとっては、
WebがHTMLとかCSSで書かれているなんてことがわからないそうだ。

つまり、WebはWordのようなので、
画像と文字を貼り付けているものだと思っているらしい。
もしくは一枚の画像がベタって張られているような感覚。

でもそれが普通なんだろうなって思う。

専門じゃない人の感覚

少しでもWebの知識がある人にとっては、
ウェブサイトがHTMLやCSSでできていることは知っているようだが、
知識もなく、ただネットサーフィンなどをする人にとっては
サイトはWordのようなもので作られているという感覚のようだ。

自分の昔はどうだったのかな?なんて昔を思い出そうとしたけど、
気づいた時にはHTMLとかの存在を知っていたから
Wordのようなものでできているなんていう考えは一切なかった。

たぶん、一昔前のホームページビルダーの
自由配置の感覚が一番近いのかなと思う。
専門じゃない一般の人にとってはその考えが普通なんだと思う。

ブログとかでも

ブログに限らずだけど、Word的な感覚はそこにもあると思う。
「WYSIWYG」のような機能に!

livedoorブログとかそうだけど、
エントリーを書いて文字の大きさとか色とか、
ボタン一つでリアルタイムにその結果が出力されている、その機能。

だからもしかしたらブログをしている人の中にも、
ウェブサイトがWordのような感覚の人っているのかなって思う。

クライアントも同じ

これは一般の人もそうだけど、
同じように考えるのであれば、Webのことを詳しく知らないけど、
ホームページを作りたいと思うようなクライアントでも同じことでしょう。

営業段階とかディレクション段階とか、
必要に迫られなければ説明しなくてもいいんだろうけど、
知らないからこそ、要求度が高い人もいるんだろうなって思う。

画像さえ作れればいいわけではない

もう一つおまけで、Wordじゃなくて
画像のみで作られていると思っている人もいるようだ。

つまり画像さえ作れればホームページが作れるという感覚。
間違いではないけど、正しくもない。

確かに画像さえあればどんなデザインでも作れるけど、
リンクとかの装飾はできないし、FlashとかJavaScriptで作るような
動的な部分は画像オンリーでは表現しようがない。
けど画像だけで作られているって思っている人も少なからずいるようだ。

どれもそうだけど、自分にない感覚だからなんだか不思議な感じである。

みんなどれくらいの時にHTMLで作られているって知ったんだ?

自分じゃ思い出せないのですが、皆さんはどうなのでしょう?
どのくらいの時にウェブサイトがHTMLとかCSSで作られるって知りました?

ご意見お待ちしています。

この記事へのコメント
私はインターネットとは疎遠のDOSやBASICしか知らなかった中学生の頃から知っていましたね。
かなり歳が離れている兄がPC雑誌をいろいろ買っていたので、それを適当に読み漁っているうちにいつの間にか覚えてました。
WindowsやMacよりもLinuxの方が先でしたし、WordやExcelよりもHTMLを先に触りました。結構珍しいケースなんじゃないかなと自分自身思っています。
ちなみにハムさんと同い年です。

最近のブログとかCMSってWordで書いた文書をそのままコピペできるようになっていますね。これだと文字通り「Wordで書いてる」。便利な世の中になったものです。。。
Posted by たかおファン at 2008年06月28日
はじめまして。私は80年代なかばからPCに触れている者です。インターネットを知ったころは、HTMLにもprint文やlocate文があるものと思い込んでいました。タグによるマークアップという概念を理解したのはけっこう後でした。

spacer.gifを知ったときは“世の中には頭のいい人がいる”と感心したものです。
Posted by とおる at 2008年06月28日
以前、あるウエブサイトを作るお手伝いをしたときに「何故、wordの文章をその儘ウエブに掲載出来ないのか」という質問を受けた事はあります。

Posted by ululun at 2008年06月28日
1980年末頃にSGMLと言うものを知ってその後にHTMLを知って"何この構造的に破綻したマークアップ言語" と思った俺が通りますよ。
Posted by Wordのhtml出力に絶望したことあるよね?普通 at 2008年06月29日
>たかおファンさん
同い年でもたかおファンさんの方が、より技術に長けていそうですね。僕はDOS?Linux?どういうものかはわかっても、僕はそっち系はてんでダメですね。
CMSもWordとほとんど一緒ですよね。便利な世の中になって行く分、僕のようなコーダーは不必要になって行くのが怖いですよ。

>とおるさん
80年代なかばとなると、僕はまた生まれたばかりで、
パソコンのパの字もしらなかったころでるよ。
HTMLのマークアップの概念はプログラムしている人にとっては感覚が別物とききましたが、やはりprintとかlocateというのがあるようなものだと思ってしまうようなものなんですね。

僕がspacer.gifを知ったときは、もう廃れていく時期だったので、僕もほとんど使ったことがないのですけど、あれを考えた人は当時はものすごく頭がいい人だったんでしょうね。

>ululunさん
Webの制作に携わったことの無いような人は、「何故、wordの文章をその儘ウエブに掲載出来ないのか」というような事を、普通に考えてしまうそうですね。Wordは確かに文書とかを作るのには適していますけど、やはり紙媒体が主としてのソフトであるので、Webとして出力するとサイトとしての機能は悲しいものがありますよね。

>Wordのhtml出力に絶望したことあるよね?普通さん
構造的に破綻したマークアップ言語なのかは、よくわかっていないのですが、現在のXHTMLでしっかり作られたものは、かなり論理的なマークアップなんじゃないかな?なんて思います。テーブルレイアウトとかは、何これ?とはいまでも思いますけどね。
Posted by ハム at 2008年06月30日
こんにちは。
自分はスクリプトやプログラムなどは書けませんが、wordより先にHTMLを覚えたので、wordを初めてさわったときに、「タグはどこに打つんだい?」と思ったくらいです^^;
その当時(2000年くらいかな?)は、wordのHTML出力はもとより、ホームページビルダー系ソフトのHTML出力にも絶望したものだけれど、最近はWYSIWYGの機能が上がって、ほんとにワープロソフト感覚でwebが作れるくらい相当らくになりましたね。
それでも何も知らない人がほんとにワープロ感覚で使ってると絶望するんでしょうね。。
Posted by へでゅ at 2008年07月07日
>へでゅさん
どのプログラムとか使うソフトを覚えたかによって、その後のイメージとかも変わってくるのかなって感じます。僕はWordと同じくらいの時期にHTMLを知っているので、どちらも別物だという感覚だったのですが、HTMLしかしらないと、WordがHTMLのような作りをしなければと思ったり、Wordしかしらないと、HTMLはWordように簡単に作れちゃうとか思ったりするのかなって思います。
WTSIWYGからネットの世界を知った人も、結局はワープロソフトと同じ感覚で、今後もHTMLを知るまで使いそうですよね。そういう人はたぶんPでの改段落とかbrでの改行の違いにすらきづかないのだろうなって思います。
Posted by ハム at 2008年07月07日
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

遠い世界の果てから
Excerpt: 【創価学会員の見分け方】 十字架を嫌がるのは知ってたので「ドラキュラかよw」と...
Weblog: 【小人閑居シテ駄文記ス】
Tracked: 2008-06-28 22:18

一般の人のWEB構築の感覚で考える必要性
Excerpt: 「一般の人はウェブサイトがWordのようなものでできていると思っているらしい | THE HAM MEDIA」を読んで。 WEB構築について一般の人がどう思っているかについて。 ■専門じゃない人の感..
Weblog: idea cloud blog
Tracked: 2008-07-01 14:37

トップに戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。